紫外線をカットした方が良い理由

| 健康 |

お肌に紫外線を浴びないようにカットするグッズや日焼け止めが増えていますが、紫外線はなぜ人体によくないのでしょう。紫外線には、性質によって種類分けされています。紫外線には、昔から地表に来てたものと、以前は届いていなかった種類の紫外線も存在します。皮膚に照射されると細胞を傷めてしまう紫外線が、肌からカットし、健康を損なわないようにしたいと言われているタイプの紫外線です。ずいぶん長い間、体によくない影響がある紫外線はオゾン層でカットされ、地表に届きませんでした。ところがしばらく前からオゾン層が薄くなり、オゾンホールが出現するようになってしまいました。深刻な環境問題として、オゾンホールの存在を気にかけているという人は多いようです。そのため、地上にいる人達のところにも、体に有害な紫外線が当たるようになってしまったのです。生物が紫外線の光を長い間浴び続けると、健康を阻害する様々な作用があらわれてきます。人間の体の設計図である遺伝子が、紫外線の影響で壊れてしまいます。もともと、多少の損傷ならばDNAの自力修復は可能ですが、何回も傷がつくと、突然変異の原因になってしまいます。皮膚がんや白内障による失明、免疫力の低下の原因にもなります。以上の理由によって有害な紫外線は、体のためにはカットした方が良いのです。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー